menu
閉じる
  1. PRIDE購入者特典2《最高の実践環境が無料でツカエル》
  2. PRIDE購入者特典3《スタートアップのキモ》
  3. PRIDE購入者特典4《トレンド記事ワンミニッツSEO》
  4. PRIDE購入者特典1《未来が見えるタイムマシン》
閉じる
閉じる
  1. 【衝撃】サーバーダウンはノアコインの呪い…だったのか?
  2. PRIDE実践による2017年末の収益はこんな感じでした^^
  3. Xサーバーの信頼・安定性にも陰りが・・・
  4. PRIDE実践は目先の収益より推移を大切に!
  5. アクセス数クリック率に関係なく報酬を圧倒的に伸ばすには……
  6. 不労所得とかコピペだけでとか、そんなに魅力的な言葉ですかね?
  7. Youtube クラウドファンディング サイトとして認識されませんでし…
  8. Googleアドセンス管理画面が表示されない 復旧の目処は?
  9. 写真の無断利用により著作権侵害で訴えられるかも…^^;
  10. PRIDE実戦にFacebookは大きな力になる!かも?「その5」
閉じる

アドセンスブログで稼ぐ

金脈のゴーグル入手!その実力は?スタンダードプランとは?

gold--goggle-eye1

ジャンボ伊藤「金脈のゴーグル」レビュー

随分と勿体付けられましたが、動画2が昨日公開されました。

ややステマ感はありますが、今回もパワフルなスピーチで面白かったです。
前半は質疑応答、それと自分への不信感を払拭させる論破、
お上手だったと思います^^;

そして後半、遂に「金脈のゴーグル」の正体が明らかになりました!
一足先に使ってみたんですが、想像していた以上に良い感触でした。

 

各ショップが1ヶ月にどのくらいの売上があるのか。
どんな商品登録されていて、どれだけ売れているのか。
前日は何が売れて在庫状況はどうなっているのか。

期間を指定すれば、その間データだけ取得できますし、
商品単位の売れ行きをグラフ表示で視覚的に捉えることが可能です。

ただ、気に入らないのは、「金脈のゴーグル」のプレゼントが
いつの間にか試用版にすげ替えられていることです。(ちょっと詐欺的?)

 

最初「ホント凄いツールだな」と思ったんですが…
冷静になって見ると、気になることもチラホラ。

今回のプレゼントは試用版ということで、
ショップ調査が全189件、商品調査が全1件となっています。

スタンダード版(恐らく塾で提供するもの)は、
ショップ調査3000件、商品調査10件になるようです。

 

私的にまず気になったのは、試用版の189件という中途半端な数。
「100件でも200件でもいいじゃん?」

それと、何を基準にショップを選定しているか…でした。
「売上ランキングでもないですし。」

また、取得データとして不思議だったのが、
ショップごとの過去の売上データって、どうやって取得しているのか?
という点です。

 

せどりのライバル店分析ツールとして度々取り上げている→このツール
凄く使えるツールと思っているんですが、
「金脈のゴーグル」と同じようなデータをは、ショップ登録後から集計されるので
ツール登録前の過去データは取得することができません!

 

だから、そんな事ができる「金脈のゴーグル」は強力なツールです!
「しかし、本当にそうなのかな?」

この辺、専門知識がないので、あくまで憶測になるんですが…

この189のショップ、そしてスタンダード版の3000のショップ
予め、ジャンボ君らがデータベース化しているものではないのかな…?
つまり、過去の収集データ。。う~ん如何なんだろう?

 

そう考える根拠としまして…

1、仮に、どんなショップのデータでも取得できてしまうツールなら、
普通ショップを選定する為のメニュー(例えばカテゴリとかランキングとか)が
実装されていた方が便利です。

2、カレンダーから期間指定が可能になっていて、
任意の期間のデータを取得できる仕様にみえるのですが、
実際には2016年1月8日以降のデータしか取得できません。
商品調査に至っては、2016年3月16日から分だけです。

3、先述しましたが、試用版でショップ数189とか商品調査数1だったり、
スタンダード版でも商品調査数が10しか無かったり、何か違和感がある。
憶測の域をでませんが、商品調査の期間なんか、
「金脈のゴーグル」の公開日でちょうど1ヶ月分のデータになっているので、
後付感がプンプンするんですよね。

 

現状、189ショップの無料データが見れるのは嬉しいことなんですが、
ユーザーでショップの選択余地がないこと、
これは、スタンダード版で3000に拡張されても然りですけど、
不特定多数が、同じデータを使い回すだけのものであれば、
最初は多少使えても、利用者が増え、取り扱い商品が増えてくると
結局、お互いが競合してしまいます。

この辺、「動画内では価格競争に持ち込むんだ!」といった話があったけど、
それはあくまで、既存のセーラーに対してのことで、
適切な言い方ではないかも知れませんが、身内同士で価格競争してもね^^;

塾形態になれば、仕入先も同じでしょうし、安売り勝負になるよ。

 

なので、データを収集には時間が必要になってくるけど、
やっぱり、→このツール の方が実戦向きだと思えるんですよね。

売れ筋商品から、ショップを登録しても良いし、
本・ゲーム、CD/DVDに特化したショップをアンテナにすることもできるし、
ヤフオクを併用して電脳セドリするなら、中古品専門のショップをマークする!
といった、発展性というか、ユーザー毎にゆれ・ブレが出る分、
真っ向からカチ合っちゃうことも無いですし、ショップ選定の優劣で結果が変わるので、
リサーチも醍醐味・面白味があります。

もちろん、一度ショップ登録すればデータ集計がスタートするので、
出品数、仕入数、販売数、売上、平均単価、回転率
仕入れた商品、売れた商品をデータ化することができます。

 

「金脈のゴーグル」、、良さ気なツールに見えましたが、
実際はかなり微妙なんじゃないかな…?

まぁ、これだけがジャンボ伊藤氏のノウハウではないでしょうから、
もう少し様子を見ていきたいと思います。

最終話のレビュー:ジャンボ伊藤グローバル・ビジネス・アカデミーは詐欺?

 

関連記事

  1. hatena-eye

    フィードマティック レビュー『セールスページから悪臭が&hell…

  2. majoliate

    マジョリエイト購入レビュー『特典は…』

  3. フィードマティック 最後のレビュー 概要も大体掴めたかと&hel…

  4. フィードマティックの再販が秒読み段階!?その布石が着々と&hel…

  5. jumbo

    ジャンボ伊藤グローバル・ビジネス・アカデミーは詐欺?

  6. wp-theme

    Googleアドセンスで使いたい有料のワードプレステーマ2017…

おすすめ記事

  1. PRIDE購入者特典4《トレンド記事ワンミニッツSEO》
  2. PRIDE購入者特典3《スタートアップのキモ》
  3. PRIDE購入者特典2《最高の実践環境が無料でツカエル》
  4. PRIDE購入者特典1《未来が見えるタイムマシン》

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者のプロフ

プロフィール

PRIDE購入特典

  1. praide-part-1
    プライドご購入者特典1アクセスの集まる記事は何をテーマに書くかで決まります!もちろん、そ…
  2. praide-part-1
    プライドご購入者特典2PRIDEを実践する上でとっても効果的な無料システムがあります。私…
  3. praide-part-1
    プライドご購入者特典3私がPRIDEを購入した当時、その特典となっていたのが無料コミュニティ…
  4. praide-part-1
    プライドご購入者特典4PRIDEノウハウと合せ特典1・2・3までを確りご活用いただければ、ど…
ページ上部へ戻る